整腸効果の高いヨーグルト トップ

乳酸菌がおなかの調子を整える

ヨーグルトには整腸作用があります。それは、腸内環境を整える働きを持つ「乳酸菌」がたくさん入っているから。

乳酸菌やビフィズス菌の働きによって、便通を改善したり下痢を治したりする作用が、ヨーグルトには備わっています。ヨーグルトにはなんと、1mlあたり1000万個もの乳酸菌が含まれているのです。

とはいっても、ヨーグルトなら何でもよいというわけではありません。それぞれ含まれている乳酸菌の種類がちがうため、生きたまま腸まで届くかどうかや、整腸効果に差が出てくるのです。

それでは、整腸作用の高いヨーグルトを選ぶときには、何を基準にしたら良いのでしょうか。

ヨーグルトの選び方

整腸効果の高いヨーグルト選びのポイントは、「生きて腸まで届くか」「ビフィズス菌を増やせるか」「免疫力が上がるか」の3つです。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には多くの種類があり、それぞれに特徴があります。胃酸に強く生きたまま腸まで届くものもあれば、胃酸や胆汁酸で死滅してしまうものもあります。

整腸作用をぞんぶんに得るためには、まずは生きたまま腸まで届く、いわゆる「プロバイオティクス」のヨーグルトであるかどうかを見極める必要があります。通常はパッケージに書いてあるので、それを参考にしましょう。

次に、ビフィズス菌を増やせるかどうかが大事です。ビフィズス菌は乳酸菌と同じように語られますが、じつは別物であり、整腸作用が非常に高いということがわかっています。

ビフィズス菌を外部から摂取しても定着はしないため、できるだけすでに腸内にあるビフィズス菌を増やす必要があるのですが、それにはビフィズス菌のエサが必要です。

ビフィズス菌のエサとして有名なものにはオリゴ糖や食物繊維がありますが、ビフィズス菌がすみやすい環境をつくることを手伝う乳酸菌もあり、その乳酸菌が増えることでビフィズス菌が増殖することがわかっています。

そういった乳酸菌が含まれるヨーグルトなのかどうかも大事です。

そして、さいごに免疫力をアップできるかどうかも大切なポイントです。免疫力がアップすれば、風邪やインフルエンザにかかりにくくなったり、ガン細胞を効率的に減らしたりできます。

ヨーグルトには整腸作用を求めると思いますが、より健康的に過ごすためには免疫力の維持向上は不可欠です。なるべく免疫細胞を活性化する能力の高い乳酸菌を配合したヨーグルトを選びましょう。

整腸作用のあるオススメのヨーグルト

整腸作用のあるヨーグルトとしてオススメなのが、フジッコの「カスピ海ヨーグルト」です。

カスピ海ヨーグルトに含まれる「クレモリス菌FC株」という乳酸菌には、いろいろな研究で整腸作用があることが認められています。カスピ海ヨーグルトの摂取により、排便回数や量が増えるというデータがあるのです。

また、糞便中に含まれるビフィズス菌の占有率も上昇することがわかっています。腸内環境をうつす鏡として、糞便の菌の割合を調査するのが通常ですが、その研究でも良いデータが出ているのです。

さらに、カスピ海ヨーグルトを継続的に食べている人は、風邪の症状が軽くなったり、インフルエンザの予防接種の効果が高くなったり、感染後の症状の悪化が緩和したりすることもわかっています。

というわけで、上記であげた3つのポイントをすべてクリアするのが、フジッコのカスピ海ヨーグルトなのです。

乳酸菌サプリのほうがオススメ

カスピ海ヨーグルトは整腸作用のあるすぐれたヨーグルトであるということはたしかですが、しかしヨーグルトを毎日食べるというのは簡単なことではありません。

味に飽きてしまうこともあるかもしれませんし、カロリーも気になりますよね。実際、ヨーグルトには脂質が意外と多く含まれているので、ダイエット中の方などには強くオススメできません。

しかし、乳酸菌サプリならば、それらの問題を解決できます。

乳酸菌サプリとは、整腸作用のある乳酸菌を凝縮して配合したサプリメントのことで、ヨーグルトよりも手軽に摂取できて、しかも余分なカロリーなどを摂らずにすむ優れ物です。

フジッコでは、1粒に20億個以上のクレモリス菌FC株を配合したサプリメント「善玉菌のチカラ」を販売しています。

「いくらカスピ海ヨーグルトに整腸作用があるといっても、毎日食べるのは大変」「ヨーグルトには脂肪分が多く含まれているから、カロリーが気になる」「そもそもヨーグルトが苦手」

そんな方にもオススメできるのが、乳酸菌サプリの「善玉菌のチカラ」です。1粒に20億個の乳酸菌がはいっており、カロリーはたったの0.71Kcalで、価格は1,950円(税込)。ぜひ試してみてください。

善玉菌のチカラの公式サイトはこちら

ヨーグルトの整腸効果とは

ヨーグルトになぜ整腸効果があるのかというと、それは腸内環境を整えるからです。

腸内環境とは、つまり腸内細菌のバランスのこと。腸内には約1,000種類、約100兆個の細菌が存在しており、それらは便宜上「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」にわけられます。

このなかで、善玉菌は消化吸収を助けたり免疫細胞を活性化したり、便通を改善したりするというカラダにとって良い働きをしています。

悪玉菌は反対に有害物質をつくることで腸内環境を悪化させて、ウンチやオナラを臭くしたり、体臭や口臭を発生させたり、免疫力を低下させたりします。日和見菌は、善玉菌と悪玉菌の強いほうに加勢するものです。

腸内環境を整えるには、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やす必要があります。ビフィズス菌などを増やすことで、それらが産生する乳酸や酢酸が増えて、悪玉菌が抑えられます。

また乳酸や酢酸が腸の粘膜を刺激して、ぜんどう運動を促進します。ぜんどう運動がうながされることによって便通が改善して、便秘や下痢が解消するという流れです。

さらに免疫力のアップ、悪玉菌が抑制されることによる腸内フローラの改善などによって、より健康的に生きることができるようになります。

整腸作用のあるヨーグルトを摂取することで、便秘解消だけでなく、肌荒れ改善、免疫力向上、健康増進などのいろいろな効果を期待できるのです。

更新情報

  • 2015年05月23日 : サイトを公開

このページのトップへ

トップページ